2016年12月20日

スノーシュー「ATLAS ENDEAVOR24」が良い!

バックカントリースノーボードでは、新雪の中を歩いて滑走ポイントに向かう事も多いです。
スノーボードを担ぎ、ブーツで新雪を歩くのはすごく重労働になります。
滑走ポイントに着いたら、疲れ果てて滑れない…なんてこともあるかも。

25ead13cde8c1da419fd1bdce1d56b0a.jpg

時には腰くらいまでの新雪を乗り越えていくこともあります。とてもブーツで歩くのは無理”
そんな時に必要となるのがスノーシューです。

20150120183419-thumb-640x480-1896.jpg

はじめて使ったときは「この程度のもので、ちゃんと歩けるのか?」と思いましたが、
実際歩いてみると、あるのとないのとでは大違い。
登り坂ではしっかりグリップして滑らなくなります。

北海道ニセコのバックカントリーガイドでススメられたのが上の画像の「ATLAS ENDEAVOR 24」です。
スノーシューとしては価格は控えめですが、トラバース能力は高級機種並み。
コストパフォーマンスに優れたモデルです。

特にこの機種での、便利な機能は「ヒールリフト機能」

at-1831883-14fw_3.jpg

登り坂でかかとを持ち上げて、足首が自然な状態となり、披露が大幅に軽減します。
かなりふくらはぎが楽になります。

価格からは考えられない仕様で、かなりオススメのスノーシューだと思います。


↓下記からなら、こんな大きなものが送料無料です!!

アトラス ATLAS スノーシュー/エンデバー24 1831883/61cm

価格:29,160円
(2016/12/20 16:11時点)


体の大きい人には「ATLUS ENDEAVOR 28」が良いです。

アトラス ATLAS スノーシュー/エンデバー28 1831884/71cm

価格:29,160円
(2016/12/20 16:20時点)



posted by Tonie at 16:11| Comment(0) | スノーシュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: